<   2008年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

号外【ムハリク師殉教】


【偉大なる高等伝承師の殉教】

我々の偉大なムハリク師が黄金の母の右手に抱かれた。
クラトニア共和国へ高等伝承師として赴任した師は
ロストアルテミス後もいよいよ精力的に民衆の心に働きかけ、
また同時に物質的な支援も怠らなかった。

クラトニアの大手報道機関ウォルターコート通信社によると
ムハリク師の死因は老衰である。
またクラトニアのパーチノッティ大統領は現地のメトラ寺院を訪れ
「とても悲しく思う、大災害が起こった後でも彼は手を休めることなく、人々に伝承を続け、生き延び復興する勇気を与えていた。」と哀悼の意を表明された。

【記念碑の建造は辞退か】
現地ではムハリク師の功績を称えるため、
記念碑の建造を大統領が明言されたが
メトラ教は偶像崇拝を禁じているため、
長老院ではこれを辞退する方針である。
『師ムハリクはクラトニアの為に働き、クラトニアで亡くなりました。
最も偉大なメトラの子の一人である師の姿を見て、
クラトニアの人々は彼の母ななるメトラの栄光を感じたことでしょう。
もし、クラトニアの人々がムハリクを懐かしみ、
また彼を通して母なるメトラの栄光に、
今一度触れたいと思われることがあるのなら、
どうかメトラ寺院を訪れ瞑想してみて下さい。
ムハリクは今や黄金のまどろみの中にいるのですから。』

【スー山にて風葬】
ムハリク師の御遺体は、
本日未明にも政府専用機にてエルテメルカーンにむけて離陸する模様。
アシュカル=アーブ国際空港到着時間は早くとも明日以降となる見込み。
帰国の発表は長老院によって行われる予定。
御遺体の帰国後の予定について長老院関係者は、
『恐らく首都アユラメッカにある国内最大のメトラ寺院
エル・ハイラシュメイシュラにて葬儀が執り行われ、
その後バヤ=ハリージュ港から3日掛けてスー山に搬送され、
山頂にて風葬となるだろう。これはメトラ教の最も格式ある葬儀と言える。』

【ムハリク師の後任も既に決定】
クラトニア共和国からの要請により、さっそくムハリク師の後任が選任された。
新しくクラトニア共和国担当となったのはサウル師(38)。
サウル師はムハリク師の高弟として知られる人物であり、
長老院は、長年ムハリク師に慣れ親しんだクラトニア国民が
師の殉教に動揺しないためにも
ムハリク師の近くで修業し、
その人柄や言動を熟知しているサウル師こそ適任であると判断した。
若き情熱溢れるサウル師と従者5名は、
ムハリク師葬儀が済み次第、クラトニア共和国へ渡航する。
[PR]
by ursa-maior | 2008-05-12 01:38 | 報道