<   2008年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

イムミール師帰国へ

【メトラ教認知活動を断念か】

リルバーン帝国の大学から招聘を受け、
エルテの文化や宗教学について
教鞭を執っていたイムミール高等伝承師が、
昨夜遅くエルテメルカーンに帰国していたことが分った。
イムミール師はロスト・アルテミスの後も帝国内に留まり、
休講となった講義の代わりにメトラ教の礼拝堂を開放し、
エルテメルカーンから輸送された物資の配給等を監督していたが、
エルテ宮廷からの指示により従者10名等と急遽帰国の途についた模様。

◆本紙の取材に対し、アルスイール報道官は次の様に述べた。

『ロスト・アルテミス後の世界は疲弊しきっており、
それは我が国とて同じことである。
今後のエルテ国内の復興計画を立てるにあたり、
ゼノビア首長御自らが、首長を幼き頃より導いてこられた
偉大な師範イムミールのご教授を仰ぎたいと切に希望されたため、
この度の帰国と相成った。
幸いにして、イムミール師はリルバーン帝国より正式な招聘依頼を受けて
かの地へ赴いていた訳では無いため、この度の師の帰国は
報道社各位が詮索されるような政治問題とは無縁のものである。
イムミール師は、リルバーン帝国において、
かの国の要望には十分応えたであろうし、
首長も師がその任を全うしたと判断した為、ご帰国を願われたのだ。
彼の国が望むなら、新たに伝承師を派遣することも可能ではあるが・・・
その必要もないであろう。
以上。』b0114888_122154.jpg

写真:いつにもまして皮肉めいた発表を行うアルスイール報道官。

宗教政治評論家によると、ゼノビア首長は以前より
帝国はイムミール師を
宗教勢力を分散させる為の緩衝材として利用しているとの見解を示しており、
師を帰国させるように長老院へも度々要求されていたという。
首長の圧力を受けた長老院はようやく国土復興の為という口実を得て
師の帰国に漕ぎつけた模様。
[PR]
by ursa-maior | 2008-03-24 01:36