<   2007年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

号外:ヤードでテロ発生


【ティモシェンコ農地管理人民委員が死亡】

▽パヴェーダ・ズヴィズダー通信が伝えるところによると、
23日未明にヤード連邦保養地である、赤旗人民大衆共同保養地でテロが発生。
200名にも上る死傷者が出た模様。また、アナニエフ党第一書記は負傷、ティモシェンコ農地管理人民委員が被害を受け、搬送先の病院で死亡したとも報じられている。現地では外国人と思われる不審な男が十数人目撃されているとし、テロとの関連性を疑われている。尚、アナニエフ党第一書記は搬送先の病院にて会見を開き、テロルに屈することは無いとした上で、宗教否定発言については間違いは無かったと再び強調した。

▽アナニエフ党第一書記を狙った犯行か。
今回のテロはアナニエフ党第一書記を狙った可能性が強いとの見方が有力である。アナニエフ党第一書記は先日の定例記者会見の際、SISA各国の宗教を否定する発言を行い、強い批判を受けていた。我が国の原理主義的思想団体からも暗殺声明が出された為、ゼノビア首長は『暗殺を未然に阻止し、犯行グループの特定に最大限の努力をする。』と述べ、国内での監視体制が強化された最中のテロであり、国内左派団体からは『首長はアナニエフ暗殺を事実上容認していたのではないか。』との批判が相次いだ。

【首長臨時会見】
『私ゼノビアは、この度のヤード国内で発生したテロに強い憤りを覚えると共に、命を落とされたティモシェンコ農地管理人民委員を始めとするヤードゴニエ国民の皆様に哀悼の意を捧げます。我々エルテメルカーンはメトラの采配の下にあり、生殺与奪の一切の権利は唯メトラのみの権能であります。このマグナ・メトラ教における最大にして最小の教えこそ、最も尊ばれるべきものであることは重々ご承知のことと思います。負傷されたアナニエフ党第一書記に対しては我が国の原理主義団体から暗殺予告も出されており、今回のテロとの関連性は現在調査中でありますが、敬虔なるエルテメルカーン国にメトラの威を借る愚者の存在しないことを私は信じています。』


【アルスイール王宮報道官質疑応答】
b0114888_013961.jpg『アナニエフ党第一書記に対する暗殺声明が出されてから、国内の監視体制強化を実施するまでに時間がかかりましたが、一国家の要人への対応としてはずいぶんと不手際が目立ったのではないでしょうか?』
―――――不手際等では無い。国連加盟後に初めて起こった事態であり、対応に追われていた。誠実な対応に、だ。

『穏健派と目されているアーシャム長老も、アナニエフ氏の宗教批判発言に対しては過激な言葉を返されていました。このことが、国内原理主義者を煽動したのでは?そしてそれはまたアーシャム長老の意図的なものであった可能性もあるのではないか?』
―――――発言は慎重に行うように。我が国のテロ組織による犯行だと決定してはいない。しかしながら、可能性はある。だから現在調査している。いいですか、これはとても繊細な問題です。アーシャム長老に関する質問は、長老ご自身からのお答を待ちたまえ。

『ヤードの報復行動を懸念しているか?』
―――――首長はこの度のテロに対して誠実な態度で臨んでいる。少なくとも国家レベルでの報復行動については、我が国は何ら懸念を抱いていない。しかし、国内の監視体制はしばらく続くことになるだろう。

『暗殺声明を発表した原理主義団体は特定できたのか』
―――――調査に影響が出るため、お答えすることは出来ない。


【緊迫する対ヤード情勢】
▽国家の要人が死亡するという惨事を巻き起こしたテロの影響から、我が国に対するヤードの国民感情の悪化は必至である。本紙特派員記者の取材によると、地元市民らの間ではエルテメルカーン特有の民族衣装を纏った不審な男が、テロの前後に度々目撃されたとの噂が流れており、我が国で先日発表されたアナニエフ党第一書記への暗殺声明の衝撃が冷めやらぬ中、ヤード国民の受けた動揺は大きい。
▽アナニエフ党第一書記の暗殺予告への対応に目立った動きが無かった王宮だが、テロの発生後はゼノビア首長による逸早い臨時会見が行われた。国際政治に詳しい専門家は、首長の臨時会見は一見するとヤードに対しての発信という体裁だが、その発言内容は寧ろ国内原理主義者に対して自重を求めるものであり、ゼノビア首長自身今回のテロがエルテメルカーン国民による犯行であるのかどうかを把握し切れておらず、混乱しているのではないか。との見方を示した。また、第3国が暗殺声明に便乗したテロという可能性もあるとし、何れにしろ、国民は報復テロに最大限警戒する必要があると述べた。
[PR]
by ursa-maior | 2007-07-24 00:34 | 報道

【波紋広がるアナニエフ発言】

b0114888_3371522.jpg▽ヤードゴニエ社会主義共和国連邦のパヴェーダ・ズヴィズダー通信が伝えるところによると、14日未明に行われた定例記者会見にてアナニエフ党第一書記が『国際社会の一部社会はいぜん宗教という前時代的なわけの分からん物と自ら作り出した神に支配されている』等と述べ、この発言に対するヤードゴニエ国内の宗教活動家らの批判にも、『何ら問題があったとは思わないし、事実を公然と述べるのが何が悪い』と開き直りとも取れる発言を行った。この発言は国際社会に波紋を広げ、取り分け明確な国教を有する我が国や、シェイフィナリアではアナニエフ党第一書記に謝罪を求める声が大きい。

≪アーシャム長老談話≫
▽本紙記者が取材したところによると、バブガーウ・アーシャム長老はアナニエフ党第一書記の発言を『強固なる結びつきを持つSISA各国に共通して備わるのは尋常ならざる程に太き信念、或いは教義の土台である。ヤードゴニエの如き国家がそれを恐ろしいと感じるのは至極尤もな話だ。』と語り、また『神に支配されることを我々は喜んで受け入れている。神を冒涜し、奢り高ぶった人間は宗教の違いを問わず、最後には滅ぼされるものだ。』と述べ、ヤードゴニエの社会体制を痛烈に批判した。

≪既に暗殺声明が3件≫
▽アーシャム長老は長老院きっての穏健派として知られるが、この度のアナニエフ発言には眉をひそめており、また国内の過激な原理主義一派からはアナニエフ党第一書記暗殺の声明が17日までに既に3件も出ている。この事態を重く見たゼノビア首長は外務当局を通じ、ヤードゴニエに対し強い遺憾の念を覚えることと共に、アナニエフ第一書記の暗殺の恐れがある旨を通達。エルテメルカーンとしても暗殺を未然に阻止し、犯行グループの特定に最大限の努力をするとした。

≪国民の声≫
▽アナニエフの発言をどう思うか、王宮前広場に集う国民に取材した。

・『暗殺は良くないと思うな。人を殺すことが出来るのはメトラだけだ。
 だけど神を侮辱したヤードゴニエには何かしら天災があると思うよ。』
 (宝石商43歳)

・『アナニエフは間違いを指摘されても素直に認められず、
 かえって反対のことばかり言い続けるタイプだね。私の夫にそっくりよ。』
 (飲食店員31歳)

・『今回の発言でエルテメルカーンとヤードゴニエの関係が悪化したと見る
 のは早計であるが、小さな亀裂が出来たことは確かである。
 今後の情勢によってはこの亀裂が大きく変化する可能性もある。』
 (政治経済学部助教授37歳)


【隕石落下地域の復興進む】
b0114888_3383799.jpg
サギー地区南西に巨大な隕石が落下してから1週間経ち、復興作業は急ピッチで進められている。既に農業地帯はほぼ完全に復旧し、新しい種を蒔く元気な農民の姿を見ることができる。
[PR]
by ursa-maior | 2007-07-18 03:53 | 報道

ルルディア・エル・ドルーン退位

【アクー家のゼノビアが即位】

▽アルスイール王宮報道官の発表:
『エルタロット民族自治国はヴァレフォール歴13年1月をもって国際連盟に正式な立憲君主国家としての申告を行い、国名を『我らは神と共に』という意のエル・テ・メルカーンへ変更。
これは我が国の閉鎖的な外交に対して国際社会の批判が高まったことに因るものであり、立憲君主制の周知に伴いルルディア首長は長老院との協議の結果、アクー家のゼノビアに譲位される運びとなった。ゼノビアの治世にメトラの恵を。』

▽アクー家は始祖リカルドの第二夫人カルマの血筋。
新たに即位されたゼノビア・エル・アクーは昨年ウジャニ・アクーから当主の座を継承したばかりの19歳である。ルルディア首長譲位の知らせを受け、SISA各国を外遊中だったゼノビアは三洲連合共和国より急遽帰国し、即位の儀を執り行った。尚、宮廷職担当官については追って発表される。b0114888_2055769.jpg
ライトアップされた王宮前広場のアラディジャミルの門





【サギ―区南西に巨大隕石が落下】b0114888_2084778.jpg
▽12日未明、サギー区南西に巨大隕石が落下。首長の勅命を受けハールーワジ大学のアマリ宇宙物理学教授が調査班を率いて現地の被害状況、隕石の構成などの調査を13日にも開始する。隕石落下を目撃したサワディ・カカさん(57)は「巨大な火の玉が落ちてくるのを見ました。そして次の瞬間にとても大きな地震がありました。私の馬と羊達は驚いてどこかへ逃げてしまいました。」と不安げに語った。

▽陸軍救助隊の暫定報告によると被害状況は2つの農場と1つの工場が全壊、農場南の土地が広範囲に渡り水没。サギー区は牧草地帯の整備中のため、遊牧民が農場付近に集められており、遊牧民200名余りと馬・羊等家畜が合わせて100頭余りが死亡・行方不明となっている。このことを受け、ゼノビア首長は家畜の保障及び慰安金の支給を発表。ゼノビア首長は14日に現地を査察する予定。サギー区の整備は一時的に中断される見通し。

▽長老院声明:
不条理なる厄災もまた大地母神マグナ・メトラの本性である。
我等を導く神の代理者ゼノビアはメトラの剣で祝福を受けた。傷つけられた樹皮が乳を垂らす如く、焼かれた土地に新な緑が湧く如く、国民よ、萌芽の時を待て。
[PR]
by ursa-maior | 2007-07-13 20:17 | 報道