カテゴリ:報道( 16 )

高等伝承師、派遣へ


【友好各国の求めに応じて】

▼アーシャム長老は15日、ウォルドローフ条約機構加盟国を中心とした友好国へ長老院所属の高等伝承師(メハターリム)を派遣することを発表。
これはエルテメルカーンがウォルドローフ条約に加盟したことをきっかけに、メトラ教のアミニズム的な要素が同盟各国の若者文化で取り上げられるようになり、今やニューエイジ的な流行をみせているためとみられる。
現に各国の政府関係機関から、メトラ教の宗教哲学分野の専門家の招聘を要望する声が多数寄せられていると言う。

▼正式なメトラ教徒となるためにはエルテ国籍を得る必要があるが、アーシャム長老は『人々が自然と大地を敬い、自然の仕組みの中に世界の真理を見出した時、彼らは偉大な母メトラに抱かれて、まどろむ喜びを知るでしょう。』と述べ、
信仰の自由を強調し、慣例や儀式によって信仰の形が形骸化することよりも、真摯な信仰心の重要性を説いた。

▼高等伝承師(メハターリム)とは、長老院に所属するメトラ教の正式な宗教哲学者である。高等伝承師の資格を得るためには大学の宗教学部に学んだ後に、さらに8年もの間、長老院付属の宗教法学院にてメトラ教の教義、宗教法、戒律、祭祀法を学び、その後行われる3重の国家試験に合格しなければならない。この一連の過程は極めて難関であり、この資格を得たごく少数の者は人々の称賛と尊敬を受ける。
▽メトラ教は教典を持たず、その教義は伝承や難解な叙事詩を通して語られる。しかし、王宮の宝物庫には唯一無二の教典エルイダが保管されているとも言われており、限られたエリートしか学ぶことの出来ない宗教法学院では、その教典を元に講釈が行われていると囁かれている。高等伝承師たちは、8年間でエルイダの全てを暗誦出来るまでになり、そしてエルイダの全てを忘れ、自らがエルイダの言葉そのものとして生きると言われる。
▽首長及び長老は不適切と見なされた高等伝承師の権限をはく奪する権利を有するが、メトラ教の長い歴史の中で、それが実行されたことはまだ一度もない。このことからも、高等伝承師達がいかに厳しい修行を行い、真摯な信仰を貫きとおしているかが伺える。

▼現在決定している、高等伝承師の派遣先は以下の通り。

●アルベニック共和国       ・・・・カジャール師
●トルキア共和国          ・・・・スーナン師
●フェムト自由民主主義共和国 ・・・・ホライソニ師

長老院は今後も要望があれば、高等伝承師の派遣に直ちに応じる意向。
またアルスイール報道官も首長の声明として
『メトラの教えが広まり、少しでもエルテメルカーンとエルタロット民族に対する理解が深まることは、とても喜ばしく存じます。またメトラの思想が現代社会の抱える問題に光明を与えてくれるとも信じております。』と発表した。
b0114888_2164590.jpg

【メトラ教の概要】

●主神は大地母神マグナ・メトラ。
メトラは大地であり、森を焼く火であり、緑を育む川であり、馬を打つ稲妻であり、赤子に滴る乳である。メトラは自然界の仕組みそのものであり、慈愛と非情の混沌である。メトラは一切を否定し、破壊し、また一切を受け止め、創造する。

●メトラ教はマグナ・メトラをかたどる物の偶像崇拝を一切禁じる。これはメトラに主観的な人格を植え付け、利己的な解釈を行うことを防ぐためと説明されている。

●メトラが艶笑しているとされる三日月夜は日没後に女性が外出することを禁じている。
これは月夜に照らされる女性がことのほか美しく見えるため、メトラの嫉妬の矢に打たれて命を落とすという言い伝えからであるが、エルテ人の古くから女性を尊ぶ慣習から鑑みて、現在では女性を庇護する為の合理的な戒律であると考えられている。

●母の名を汚す者には血の復讐を。
メトラ教の悪名高いアサハード。
母とは国であり、土地である。エルテ人は非常に自尊心が強い。
国、宗教、親族への侮辱は血の復讐の対象となり、宗教法でもこれは認められている。
但し、国連加盟後に実行されたことはない。

【国内ニュース】
b0114888_223256.jpg
ラムタラ半島にエアポート完成。
王宮は半年後を目途にラムタラ国際空港を始動させる見込み。ラムタラ半島では現在王家主導のリゾート開発が行われており、既に土地整備は完了し、規定の環境値維持の為に植林を進めている。将来的には世界のVIPやセレブが訪れる長期滞在型の高級リゾート地となることが計画されている。またラムタラ半島の中ほどにある王家の私有地にも離宮を建設する案が挙がっている。
[PR]
by ursa-maior | 2007-10-16 02:27 | 報道

復刊号


==読者各位へ休刊のお詫び==

首都アユラメッカに本社を置くメーノエイデス社は、国内で立て続けに起こった自然災害により通信網に甚大な被害を受けたため、メーノエイデスを休刊せざるをえない状況にありましたが、本日、再び報道の使命を全うできる日を迎えられたことを読者の皆様にご報告致します。今後は、緊急時にこそ国民の皆様に逸早く安全と安心の情報をお届けできるよう、災害緊急報道局を各地区に設立し、災害時の報道体制を見直すべく尽力する所存でありますので、何卒ご愛顧の程を宜しくお願い申し上げます。

メーノエイデス・アユラメッカ本社社長
ヤジーク・ルククメイア

==== 


【メーノエイデス臨時編集号】

◆休刊中の出来事◆

=ヤード会談~エルテ・ヤード間に一定の相互理解=
▼ヤードのアナニエフ党第一書記は、テロ実行犯への厳刑実施を覆すことはなかったが、在矢メトラ教徒へと及んでいた迫害・差別に関しては逸早い解決と保護を言明。ゼノビア首長は自国民によるテロ行為に対し、遺憾の意を述べると共に、ヤード政府に公式に謝罪を表明。会談は一定の成果を得たと見られ、両国の国民感情は落ち着きを取り戻しつつある。

▼また帰国後に会見を開いたゼノビア首長は、『宗教を認めないヤードと偶像崇拝を禁じるメトラ教には通じ合う所があるようにも感じた。』と述べ、『エルテとヤードは主義は違えど十分共存可能』との見方を示した。

=SISA脱退、WLTM加盟へ=
▼エイラム・サルーク外務大臣が正式にSISAを脱退したことを発表。脱退の理由は詳しく語られなかったが、エルテメルカーンはより良き協力関係を構築するだろうと宣言し、その言葉通り数ヶ月後には、同じくSISAを脱退したアルベニック共和国を盟主とするウォルドローフ条約機構に加盟した。またこれと前後してSISAは解体され、三洲連合共和国が地域色の強いフェイルディラシア諸国共同体を設立、他にもシェイフェナリアがルクナレス連合をトラニストア連合王国がニモーディアナ通商連合をそれぞれ新設し、世界情勢はより複雑な均衡関係の下に語られることとなった。

◆お詫び◆
過日のヤードテロ報道において、本紙の記事に事実誤認があったことを認め、読者とヤード国民に対し深くお詫び致します。当社はメーノエイデス紙の誤った報道が、エルテとヤード国間の感情悪化を招いた一因であると認識し、この問題において以下の通り処分を実施しましたことをお知らせ致します。今後は報道倫理と社会正義を徹底させると共に、報道の意義を問い直す社員教育を徹底して行う所存です。

            
            記        

該当記事を執筆した記者 懲戒免職

該当記事担当校閲記者  訓戒及び減給6か月

メーノエイデス社長     降格、減給6か月  

以上、処分者6名。
[PR]
by ursa-maior | 2007-09-03 21:58 | 報道

ヤードテロ、19名に死刑宣告

【テロ実行犯はIMZ構成員】

▽パヴェーダ・ズヴィズダー通信は30日、ヤード臨時特別法廷により19名の被告に死刑判決が下されたと伝えた。死刑囚の中にはエルテメルカーン国籍の男性ら6名も含まれている模様。現在、情報が錯綜しており、詳細は不明であるが、アルスイール王宮報道官は1日午後22時頃、エルテメルカーン国籍の6名は急進的な原理主義団体イバーデア・メトラ・ザハービア【IMZ:メトラ黄金の意志】のアブドラ・カッシャーニ(26)を中心としたグループである可能性が強いとの見方を示した。
b0114888_23412755.jpgヤードからはこの件に関しての回答は得られていないが、本紙特派員の報告によると、あるヤード高官は『外国籍の被告人のうち一人は、我国の≪伝統的なもてなし≫を受けた。しかしあまりにも丁重なもてなしのためか、途中で再び目を覚ますことは無かったがな。』と語ったと伝えた。この≪伝統的な丁重なもてなし≫とはヤードの悪名高い拷問法のことを指すと思われ、王宮は被告人らの死刑執行延期・身柄の引き渡しと人道的な待遇を求めてヤード政府と交渉に入る模様。

【写真:IMZのアブドラ・カッシャーニ(26)カッシャーニ家はかつて王を輩出したこともある名門】


【アーシャム長老記者会見】
▽アナニエフ党第一書記の宗教否定発言に対し、穏健派と見なされているアーシャム長老が行き過ぎともとれる発言をし、それが国内原理主義者たちのテロ行為を扇動したのではないかという疑念に、長らく沈黙を貫いていたア―シャム長老が公の場に7日ぶりに姿を現し、記者たちの質問に答弁した。
b0114888_2350744.jpg
『長らく姿をお見せになりませんでしたが、何か事情が?』
―――神殿に籠り、この度の凶事の為に祈っていました。

『ヤードテロの実行犯がエルテメルカーン国籍と判明したそうです。アルスイール報道官の発表によりますと、やはり国内原理主義団体に属する者達の犯行ということですが、これに関して長老はどうお考えになりますか?』
―――メトラの子らの犯した罪はとても重いものです。私には、彼らを助けることは出来ないでしょう。しかし、母とは子の過ちを寛大に赦すものです。彼らが異国の地において絶望的な環境にあっても、母なるメトラに対し誠実な心を保つことが出来れば、彼らは母の許しを得ることでしょう。

『それは、つまりヤードに捕らわれている被告人らを何らかの形で救出する案があるということでしょうか。』
―――先ほども述べましたように、老いた私には何の力もありません。しかし、我々のゼノビアはヤード政府に対し、死刑執行の延期と被告人への人道的待遇を求めて交渉されています。我々はメトラの秤が傾くのを待ちましょう。

『長老の発言はダブルミーニングであるとする指摘があります。この指摘が事実だとすると、先ほどのお話もマスコミを通じた原理主義者への何らかの指示だと解釈することが可能ですが?』
―――愚かな。・・・・・・。ハームハットをここへ。

―――長老は長き禊の為にお疲れである。私が代わりにお答えする。b0114888_1171127.jpg

『ではハームハット軍務大臣にSISAに関してお伺いします。新体制を整えたSISAへの正式な批准を我が国は未だ行っていないようですが・・・これは意図的なものでしょうか。』
―――我々はヤード問題に専念している。今ここでSISAへの批准を行えば、ヤードに軍事的なプレッシャーを与えることにもなりかねない。ヤード問題は我が国とヤードとの問題であり、ヤードにSISAを意識させたくはない。

『しかしSISAは新体制発足に伴い、≪資本主義諸国による強力な相互防衛体制≫という議長声明が出されました。資本主義と明文化されている点について、どのようにお考えですか?』
―――その件については私の担当領域ではない。しかしゼノビア首長には既に何らかのお考えがあるようだ。これ以上は差し控えさせて頂く。
b0114888_2105335.jpg

【文化欄】

▽第21回世界数学競技会、ハールーム王立高校生が優勝
1日、ハームール王立大学にて開催された第21回世界数学競技会は、ハールーム王立高校の数理科に在籍するシーメル・マジネ君(16)が総合優勝した。シーメル君は4年連続優勝を狙う三洲連合国の大学選抜チームの平均得点率を大きく上回り、史上最年少で優勝の栄誉に輝いた。『とても嬉しいです。ゼノビア首長より頂いた賞金は大学への学資にしたいと思います。』シーメル君は医学の道を志しており、ハームール大学への進学を希望している。ハームール大学ではシーメル君の驚異的な頭脳に感嘆し、大学医学部への飛び級制度の適用を検討する模様。尚、例年通り総合順位3位までのチームに所属する18歳以上の学生は、希望すればハールーム大学に奨学生として留学することが可能。(但し、理系分野専攻に限る。)

参加国別順位は以下の通り。

総合順位   国名          得点/満点
-------------------------------------------------
   1位  エルテメルカーン    2885/3000

   2位  三洲連合共和国    2677/3000

   3位  雲龍共和国       2530/3000

   4位  オルテンシア連合国  2522/3000
-------------------------------------------------
[PR]
by ursa-maior | 2007-08-02 02:22 | 報道

号外:ヤードでテロ発生


【ティモシェンコ農地管理人民委員が死亡】

▽パヴェーダ・ズヴィズダー通信が伝えるところによると、
23日未明にヤード連邦保養地である、赤旗人民大衆共同保養地でテロが発生。
200名にも上る死傷者が出た模様。また、アナニエフ党第一書記は負傷、ティモシェンコ農地管理人民委員が被害を受け、搬送先の病院で死亡したとも報じられている。現地では外国人と思われる不審な男が十数人目撃されているとし、テロとの関連性を疑われている。尚、アナニエフ党第一書記は搬送先の病院にて会見を開き、テロルに屈することは無いとした上で、宗教否定発言については間違いは無かったと再び強調した。

▽アナニエフ党第一書記を狙った犯行か。
今回のテロはアナニエフ党第一書記を狙った可能性が強いとの見方が有力である。アナニエフ党第一書記は先日の定例記者会見の際、SISA各国の宗教を否定する発言を行い、強い批判を受けていた。我が国の原理主義的思想団体からも暗殺声明が出された為、ゼノビア首長は『暗殺を未然に阻止し、犯行グループの特定に最大限の努力をする。』と述べ、国内での監視体制が強化された最中のテロであり、国内左派団体からは『首長はアナニエフ暗殺を事実上容認していたのではないか。』との批判が相次いだ。

【首長臨時会見】
『私ゼノビアは、この度のヤード国内で発生したテロに強い憤りを覚えると共に、命を落とされたティモシェンコ農地管理人民委員を始めとするヤードゴニエ国民の皆様に哀悼の意を捧げます。我々エルテメルカーンはメトラの采配の下にあり、生殺与奪の一切の権利は唯メトラのみの権能であります。このマグナ・メトラ教における最大にして最小の教えこそ、最も尊ばれるべきものであることは重々ご承知のことと思います。負傷されたアナニエフ党第一書記に対しては我が国の原理主義団体から暗殺予告も出されており、今回のテロとの関連性は現在調査中でありますが、敬虔なるエルテメルカーン国にメトラの威を借る愚者の存在しないことを私は信じています。』


【アルスイール王宮報道官質疑応答】
b0114888_013961.jpg『アナニエフ党第一書記に対する暗殺声明が出されてから、国内の監視体制強化を実施するまでに時間がかかりましたが、一国家の要人への対応としてはずいぶんと不手際が目立ったのではないでしょうか?』
―――――不手際等では無い。国連加盟後に初めて起こった事態であり、対応に追われていた。誠実な対応に、だ。

『穏健派と目されているアーシャム長老も、アナニエフ氏の宗教批判発言に対しては過激な言葉を返されていました。このことが、国内原理主義者を煽動したのでは?そしてそれはまたアーシャム長老の意図的なものであった可能性もあるのではないか?』
―――――発言は慎重に行うように。我が国のテロ組織による犯行だと決定してはいない。しかしながら、可能性はある。だから現在調査している。いいですか、これはとても繊細な問題です。アーシャム長老に関する質問は、長老ご自身からのお答を待ちたまえ。

『ヤードの報復行動を懸念しているか?』
―――――首長はこの度のテロに対して誠実な態度で臨んでいる。少なくとも国家レベルでの報復行動については、我が国は何ら懸念を抱いていない。しかし、国内の監視体制はしばらく続くことになるだろう。

『暗殺声明を発表した原理主義団体は特定できたのか』
―――――調査に影響が出るため、お答えすることは出来ない。


【緊迫する対ヤード情勢】
▽国家の要人が死亡するという惨事を巻き起こしたテロの影響から、我が国に対するヤードの国民感情の悪化は必至である。本紙特派員記者の取材によると、地元市民らの間ではエルテメルカーン特有の民族衣装を纏った不審な男が、テロの前後に度々目撃されたとの噂が流れており、我が国で先日発表されたアナニエフ党第一書記への暗殺声明の衝撃が冷めやらぬ中、ヤード国民の受けた動揺は大きい。
▽アナニエフ党第一書記の暗殺予告への対応に目立った動きが無かった王宮だが、テロの発生後はゼノビア首長による逸早い臨時会見が行われた。国際政治に詳しい専門家は、首長の臨時会見は一見するとヤードに対しての発信という体裁だが、その発言内容は寧ろ国内原理主義者に対して自重を求めるものであり、ゼノビア首長自身今回のテロがエルテメルカーン国民による犯行であるのかどうかを把握し切れておらず、混乱しているのではないか。との見方を示した。また、第3国が暗殺声明に便乗したテロという可能性もあるとし、何れにしろ、国民は報復テロに最大限警戒する必要があると述べた。
[PR]
by ursa-maior | 2007-07-24 00:34 | 報道

【波紋広がるアナニエフ発言】

b0114888_3371522.jpg▽ヤードゴニエ社会主義共和国連邦のパヴェーダ・ズヴィズダー通信が伝えるところによると、14日未明に行われた定例記者会見にてアナニエフ党第一書記が『国際社会の一部社会はいぜん宗教という前時代的なわけの分からん物と自ら作り出した神に支配されている』等と述べ、この発言に対するヤードゴニエ国内の宗教活動家らの批判にも、『何ら問題があったとは思わないし、事実を公然と述べるのが何が悪い』と開き直りとも取れる発言を行った。この発言は国際社会に波紋を広げ、取り分け明確な国教を有する我が国や、シェイフィナリアではアナニエフ党第一書記に謝罪を求める声が大きい。

≪アーシャム長老談話≫
▽本紙記者が取材したところによると、バブガーウ・アーシャム長老はアナニエフ党第一書記の発言を『強固なる結びつきを持つSISA各国に共通して備わるのは尋常ならざる程に太き信念、或いは教義の土台である。ヤードゴニエの如き国家がそれを恐ろしいと感じるのは至極尤もな話だ。』と語り、また『神に支配されることを我々は喜んで受け入れている。神を冒涜し、奢り高ぶった人間は宗教の違いを問わず、最後には滅ぼされるものだ。』と述べ、ヤードゴニエの社会体制を痛烈に批判した。

≪既に暗殺声明が3件≫
▽アーシャム長老は長老院きっての穏健派として知られるが、この度のアナニエフ発言には眉をひそめており、また国内の過激な原理主義一派からはアナニエフ党第一書記暗殺の声明が17日までに既に3件も出ている。この事態を重く見たゼノビア首長は外務当局を通じ、ヤードゴニエに対し強い遺憾の念を覚えることと共に、アナニエフ第一書記の暗殺の恐れがある旨を通達。エルテメルカーンとしても暗殺を未然に阻止し、犯行グループの特定に最大限の努力をするとした。

≪国民の声≫
▽アナニエフの発言をどう思うか、王宮前広場に集う国民に取材した。

・『暗殺は良くないと思うな。人を殺すことが出来るのはメトラだけだ。
 だけど神を侮辱したヤードゴニエには何かしら天災があると思うよ。』
 (宝石商43歳)

・『アナニエフは間違いを指摘されても素直に認められず、
 かえって反対のことばかり言い続けるタイプだね。私の夫にそっくりよ。』
 (飲食店員31歳)

・『今回の発言でエルテメルカーンとヤードゴニエの関係が悪化したと見る
 のは早計であるが、小さな亀裂が出来たことは確かである。
 今後の情勢によってはこの亀裂が大きく変化する可能性もある。』
 (政治経済学部助教授37歳)


【隕石落下地域の復興進む】
b0114888_3383799.jpg
サギー地区南西に巨大な隕石が落下してから1週間経ち、復興作業は急ピッチで進められている。既に農業地帯はほぼ完全に復旧し、新しい種を蒔く元気な農民の姿を見ることができる。
[PR]
by ursa-maior | 2007-07-18 03:53 | 報道

ルルディア・エル・ドルーン退位

【アクー家のゼノビアが即位】

▽アルスイール王宮報道官の発表:
『エルタロット民族自治国はヴァレフォール歴13年1月をもって国際連盟に正式な立憲君主国家としての申告を行い、国名を『我らは神と共に』という意のエル・テ・メルカーンへ変更。
これは我が国の閉鎖的な外交に対して国際社会の批判が高まったことに因るものであり、立憲君主制の周知に伴いルルディア首長は長老院との協議の結果、アクー家のゼノビアに譲位される運びとなった。ゼノビアの治世にメトラの恵を。』

▽アクー家は始祖リカルドの第二夫人カルマの血筋。
新たに即位されたゼノビア・エル・アクーは昨年ウジャニ・アクーから当主の座を継承したばかりの19歳である。ルルディア首長譲位の知らせを受け、SISA各国を外遊中だったゼノビアは三洲連合共和国より急遽帰国し、即位の儀を執り行った。尚、宮廷職担当官については追って発表される。b0114888_2055769.jpg
ライトアップされた王宮前広場のアラディジャミルの門





【サギ―区南西に巨大隕石が落下】b0114888_2084778.jpg
▽12日未明、サギー区南西に巨大隕石が落下。首長の勅命を受けハールーワジ大学のアマリ宇宙物理学教授が調査班を率いて現地の被害状況、隕石の構成などの調査を13日にも開始する。隕石落下を目撃したサワディ・カカさん(57)は「巨大な火の玉が落ちてくるのを見ました。そして次の瞬間にとても大きな地震がありました。私の馬と羊達は驚いてどこかへ逃げてしまいました。」と不安げに語った。

▽陸軍救助隊の暫定報告によると被害状況は2つの農場と1つの工場が全壊、農場南の土地が広範囲に渡り水没。サギー区は牧草地帯の整備中のため、遊牧民が農場付近に集められており、遊牧民200名余りと馬・羊等家畜が合わせて100頭余りが死亡・行方不明となっている。このことを受け、ゼノビア首長は家畜の保障及び慰安金の支給を発表。ゼノビア首長は14日に現地を査察する予定。サギー区の整備は一時的に中断される見通し。

▽長老院声明:
不条理なる厄災もまた大地母神マグナ・メトラの本性である。
我等を導く神の代理者ゼノビアはメトラの剣で祝福を受けた。傷つけられた樹皮が乳を垂らす如く、焼かれた土地に新な緑が湧く如く、国民よ、萌芽の時を待て。
[PR]
by ursa-maior | 2007-07-13 20:17 | 報道