=グラディショナル帝国、崩壊す。=

【ルージェノワールの理想はどこへ】

b0114888_1444424.jpg

◆23日遅く、グラディショナル帝国の崩壊が確認されたことを
宮廷外務室が発表。この悲報を知ったアユラメッカ市民は、
宮廷前のバハラーシャン≪誓いの門≫に押しかけ
ルージェノワールへの怒りを口々に叫んだ。≪写真≫

また先ほどメーノエイデス・アユラメッカ本社に宛てて
帝国崩壊に関するゼノビア首長の手記が寄せられた。
首長が新聞を通じて手記を発表するのは初めてのこと。
その全文を掲載する。

==============================
メトラの最も善き預言者であり、
剣と秤の守護者であるところのゼノビア・エル・アクー
による手記
b0114888_145321.jpg




ある国家が滅亡した。この国はその閉鎖的な政治体制の為に
国際社会の一部から非難を受け、その圧倒的な軍事力を前にして
一切の反撃をすることなく占領された。
占領国家は言った。
我々は解放者だと。
我々は帝国民に歓迎され、感謝され、諸手を挙げて迎え入れられたと。
しかし、にも関わらず帝国は滅亡したのだ。
何故か。
帝国民の誰もが待ち望んだはずの民主主義の実現は叶えられることなく、
繰り返される暴動の日々。
あのルージェノワールの精鋭軍さえ手を焼いた帝国民の執拗な反抗。
占領軍の配給を拒み、餓え死にする名誉を選んだメトラ教徒達。

これらが何を意味するのか?
その答はとてもシンプルなものである。
帝国民は民主主義など望んでおらず、
帝国の解体後に輝かしき民主時代が訪れるというルージェの理想は、
錯乱したはぐれ馬が最後に見る夢、
砂漠の彼方の陽炎でしかなかったのだ。

このセイルナシアの一地域で起こった現実を
国際社会はどう受け取るのか。
ルージェノワールは何も為し得なかった。
ルージェノワールは持続可能であった帝国の、
全ての可能性を消し去った。
彼の国の尊大な野心と,空虚な論理がどのような結果を導くのかについて
今後、国際社会は常に最大限の注意をしなければならない。

セイルナシアの諸国家が、
ルージェの軍事進攻という咆哮を幾度となくたしなめ、
第一に平和的手段による解決を促した過去に対し、
ルージェは頑なに拒んだ。
そして自国の論理の正統性を
幾つかの、同じように愚かな論理に支配された国家の支持を獲得したことにより
さらに声高に主張した。
そしてあの野心的な、恐ろしく独善的な態度に、
少なくない国家がひれ伏し、
腹のうちに卑しき物を忍ばせながらも賛同し、
あるいは否定しなかった。

さて後ろめたき思念に駆られる多くの元首閣下よ、
我々メトラ教徒は、
メトラの子らの尊い生命を辱め、
その尊厳を奪う卑劣な侵略行為に
非常なる侮辱を覚えるものである。
メトラの左手には真実を計る秤が、
そしてメトラの右手には
その秤の傾きに応じて血に濡れる黄金の剣が握られている。
私はその秤が今にも傾かんとするのを
そしてその黄金の剣が、今まさに色黒き血に染まらんとするのを予感する。
 
                   了
==============================

【メトラ教過激派の動きが活発化】

帝国の崩壊を受けて
国内最大規模のメトラ教原理主義団体IMZ≪メトラ黄金の意志≫が
首都テレビ放送網を電波ジャックし、
セイルナシア全土のメトラ教徒に結束を呼び掛けた。
またクラトニア国内で活動を展開する多民族で構成された
メトラ主義者団体CC≪赤き馬≫の動きも活発化しているとの報告もある。


◆セイルナシア諸国会議の発足◆
セイルナシアの多様な歴史・民族・文化を背景にした我々は多くの問題を抱えている。
その国家規模で現れる差異を相互に認識し、何らかの摩擦が発生した場合にも
まずは対話による解決への取り組み姿勢を示すべきである。
ルージェノワールに対し、度々そう促されたゼノビア首長は、
その提案を不必要だと退けられたことを契機として、
ルージェが解決への糸口と看做さなかった≪対話≫を最大の武器とする
セイルナシア地域のための外交会議を具体化することを発案。

アルスイール宮廷報道官によると、
セイルナシア諸国会議は
『例えるならばセイルナシア諸国の為の社交場』であるという。
決して軍事的な協定を持たず
最大の目的はセイルナシア地域における諸問題の情報共有と
各国の対話を慣習とすることである。
『軍事的な抑圧や示威から解放された諸国会議では
経済・政策・宗教とあらゆる分野において発展的な対話が望まれるだろう。』
とアルスイール報道官。
セイルナシア諸国会議は、
セイルナシア地域に存在するあらゆる民族、
あらゆる政治体制の国家に開かれており、
その多様性を尊重する意味からも
採決時には多数決投票を採用しないという点も大きな特徴といえる。


発起人はゼノビア首長であるが、
セイルナシア諸国会議の性質上宗教色が強くなることを避けられた首長より、
事務局の所在を洸祥国に定め、事務局長は首長とも懇意にされている
洸祥国の松本 正文(伯爵従2位勲3等法学博士)に委ねられた。
現在、セイルナシア諸国会議への参加を表明している国家は下記の通り。
またルージェノワール及びミニステリアーレンは当面、参加を見送る方針。

===========================
         ◆セイルナシア諸国会議◆

事務局    洸祥国  京北市
事務局長   松本 正文(伯爵従2位勲3等法学博士)

参加国     洸祥国
         エルテメルカーン首長国 
         ポーラ・ラシア連合民主共和国
         リタエル共同連合
         インゴルシュタット連合帝国


===========================

ロストアルテミス、
そしてロストグラディショナルという二つの悲劇を経験した
セイルナシア諸国は、
今結束を強め未来に向い静かに、しかし力強い足取りで歩んでいる。

【宮廷、帝国難民の受け入れ態勢強化】
【帝国崩壊23日を聖日へ】
【遠来の宗教国ユールメシドと国交設立、元首ら近く会談の予定も。】
[PR]
by ursa-maior | 2008-08-24 02:17 | 報道
<< ==テロ関連及び地域情勢== ==停滞する問題== >>