広がるメトラの教え


◆新たな高等伝承師の派遣要請◆

▼長老院は本日、オルテンシア連合国からも高等伝承師の招聘要請を受けたと発表。
異なるイデオロギーを掲げる国家にメトラの教えは定着するのであろうか
という報道陣の質問に対し長老院は
 『メトラの教えは人間主体のものではありません。我々は常にメトラから、人間とは自然の大きな動きの中にある歯車の一つに過ぎないことを教えられています。
もしこの歯車が尊大になり、勝手な動きを始めればどうなるでしょう?
現に世界は今、人間の尊大さによって協調を失いつつあります。
おごりたかぶることなく、世界秩序の大きな枠組みの中で自己を認識できる者であれば、
誰でもメトラの教えに触れることができます。肝心なのは’気づき’です。』
と語った。

▽また、先の派遣要請に応じてトラニストア連合王国に赴いたムハリク師が熱烈な歓迎を受けたと報じる連合王国の国民運動党放送機関は、
 『現在国内でメトラ教信者は急激に増加している、もはやパロンシュレイヒ教信者を越えるのは間違いないだろう。』と結んでいる。
これに対して報道陣からは
 『パロンシュレイヒ教との勢力争いに発展する危惧はないのか』
という質問がなされたが、長老院は
 『勢力という発想は我々の持ち合わせるところではない。
信仰心とは指導者の意図によって生じるものではなく、受容する側に決定権があるものだ。
その結果、盛んになるものもあれば、廃れるものもあるだろう。
しかし全てはナトゥーレ(※神的世界観としての自然)のままに受け入れられるべきだ。』
と述べた。

しかしながらエルテメルカーンが今後、イデオロギーを超越した国家間と宗教というイデオロギーを共有することによって、強く結びついていくことは確実であり、この事態にパロンシュレイヒ教国群がどのような反応を示すのかということが懸念される。

◆【勢力別】高等伝承師の派遣国◆

【ヴォルドローフ条約機構】
 
  アルベニック共和国

  トルキア共和国

  フェムト自由民主主義共和国

【ニモーディアナ通商連合】

  トラニストア連合王国

  レギンレイブ公国

【ディルタニア連邦】
 
  オルテンシア連合国

【その他】

  リルバーン帝国(政府非公式招聘要請)

  ジョリー・ロジャー王国


◆移民問題◆
▼昨夜遅く、移民当局に167万人ものシェイフェナリア人移民が殺到し、当局は一時機能停止に陥るまでの事態となった。これを受けて首長は人道的見地からシェイ人の移民全員を受け入れる方針を発表。雇用対策として移民の全ては王宮保有のプランテーションに一時的に収容される運びとなった。また首長は、シェイ人の将来のエルテ国籍取得を想定し、任意でメトラ教への改宗を促す方針も明らかにした。
▽シェイ人の大量移民が報じられた未明、国内各地でシェイ人の移民受け入れ反対を意図する国内原理主義グループの暴動が発生し、工場や農場、発電所が壊滅的な被害を受けた。暴動は軍隊の出動により、直ちに沈静化されたが、逮捕された原理主義団体の幹部らは「大地を汚し、シェイ人の生命をメトラの秤から奪いとった(アーシャム長老)」として、本日中にも行われる宗教裁判にて≪ジャイ・メトラ--堕ちたメトラの子、未来永劫の破門--≫の判決が下され、極刑を科せられる見通し。
▽宮廷はシェイ人移民に対し、新たに最大限の庇護を言明し、このことにより、エルテ国内で強力な後ろ盾を得たシェイ人移民の改宗は促進されると予測される。
[PR]
by ursa-maior | 2007-10-21 00:19 | 報道
<< パロン教徒の暴挙  長老院発表 >>